子守帯の種類

子守帯には色々な種類があります。

ここでは、そのタイプについて紹介します。



■スリングタイプ 

スリングは、赤ちゃんの手足を包み込み、
密着度が高いから、抱っこが初めての、
お母さん初心者にとって安心なタイプです。

ヨコ抱っこは、
赤ちゃんのからだをまっすぐに伸ばし、
あお向けに寝た姿勢でしっかり抱っこできるタイプがさらに安心です。


■4way抱っこタイプ
■3way抱っこタイプ

首すわり、ひとり座りなど、赤ちゃんの発達段階に合わせて、
抱き方を変えることが出来ます。

1つで、タテ抱きやおんぶへと
ライフスタイルに合わせた使い分けができるので、便利です。



■ショルダー&ヒップ/ バッグタイプ

オシャレなバッグが、お出かけ先で子守帯にさっと早変わりします。
普段のお出かけにも、しっかり抱っこにも大活躍。
アクティブ派のママ、パパにぴったりです。


■ベビーキャリータイプ 
アウトドア派のパパに最適。
たくましいおんぶが活躍するキャリー。
テーブルに取り付けてチェアとしても使えます。
タグ:種類

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。